Reloadiss-冬、夕月-

冷たい空気を纏う空、淑やかな夕暮れ色の邂逅。またここで会えたならきっと...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


なんにもなかったよ
手をのばすことさえ怯えていたから
心の隅の光にだって目を伏せて生きてきたよ

わかっていたんだ本当は
ただ僕は怖かった 失うことが

ただ誰かの声に揺らいで背を向けてしまうなら
傷つかないように空っぽの両手でそっと耳を塞いでたかった




生きてるっていうこと
いつか死ぬってこと
ピンとこなかった
当たり前さ皮一枚で笑ってただけなんだから

わかっていたって怖いんだ夢見たら見ただけ失うことが

けど誰かの声に揺らいで背を向けてしまう日も
譲れない心の最後の砦だけは変わらずそこにあった



そして戦うってことの本当の意味を知る朝が来た

また誰かの声にいつか背を向けてしまうとき
譲れない心の最後の砦の前で
誓ったことを思い出せ

思い出せ
スポンサーサイト

スンスン!

2007.04.21 22:32 URL | Hy #a2H6GHBU [ 編集 ]

(*゚∀゚*)スンスンスン

2007.04.21 17:19 URL | かるちゃ #JalddpaA [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hydraulicvivum.blog86.fc2.com/tb.php/7-6183afb2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。